学生生活の一人暮らしなら中古家電で十分

高校生までは実家に住む人々が大半ですが、反対に大学進学を契機に実家を出る人々が多いです。地方の町から都会の大学に進学すれば、通学が困難になります。物理的に毎朝通学するのが厳しい、という理由から東京都内の学生アパートやマンションに上京なさる若者も珍しくはありません。親元を離れ、一人暮らしを始めると、今までは当たり前にしてもらっていた事を全て自力で解決しなければいけません。食事、買い物、炊事、洗濯、お風呂掃除、戸締まり、公共料金支払いなど、ある意味で大学の勉強以上に一人暮らしの生活に慣れる事は大変です。

そして何より生活道具を一から揃える必要がありますので、最初は色々な面でお金が掛かります。生活必需品である家電をゼロから買い集めると、数万円レベルのお金が飛んでいきます。実家からの仕送り、貯めていた貯金、バイト代などがあったとしても家電量販店で生活必需品を、全て一から買い集めると、あっという間に金欠になります。

学生生活の一人暮らしは金欠との戦いです。家電量販店に並ぶ新品の最新家電は非常に魅力的ですが、一人暮らしのニーズを考えれば、中古の家電製品でも十分です。最新機能やファミリー向けの機能を搭載している分、最新家電は定価が高めになっています。特に日本の中古市場に並ぶ家電製品はメンテナンスも行き届いており、機能や安全面が保障されています。ご飯を炊くだけなら、最新機能を盛り込んだ最新製品でもなくても十分ですし、衣類をただクリーニングするだけなら、スマートフォンとの連動機能が無い一昔前前の製品でも何ら不満はないでしょう。また凝ったデザインのブランド商品は機能以上にデザイン代が掛かっており、見た目を気にしない方からすると、ちょっと割高に感じられます。

むしろ一昔前の中古家電の方が機能がシンプルですので使い方を覚えやすく、年数が立っている=初期不良がないし、故障やトラブルも少ないです。
そして何よりユーズド特有の安さがあり、最新製品の半額以下でゲット出来る事も多く、少しでも生活費を浮かせたい大学生にはもってこいの製品と言えます。

コメントを残す